So-net無料ブログ作成

ファインディング・ドリー ストーリーとネタバレ 感想 [映画]

ポスター.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


ファインディング・ドリー キャラクラフト ドリー プラモデル


ファインディング・ドリー オリジナル・サウンドトラック







今回は「ファインディング・ドリー」です。

前作から1年後の設定で、今度はドリー家族を探すという物語です。

前作に比べて、マーリンの成長具合など、良く描けた作品だと思います。
少々強引な、八代亜紀さん推しが気になりますが・・・(・_・、)

子供にとっても楽しい作品だったようで、喜んでいました。

ブログ最後にも書きましたが、鑑賞の際は、エンドロール後まで席を立たないでください。

それでは、ネタバレを含むストーリーです。

ストーリー


お話は、ドリーの子供時代から始まります。

ドリー 子供.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ドリーは、子供の時から、物忘れがひどく、お父さんとお母さんが心配しています。

ドリー 家族.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

忘れんぼのドリーが、自分の家を忘れても、戻ってこれるよう、かくれんぼや、歌などの遊びを通して危ない場所家への帰り方など色々教えています。

ナンヨウハギは、物忘れのしやすい魚という設定と思っていましたが、忘れっぽいのはドリーだけのようです。

場面が変わり、少し暗い海の中でドリーが迷子になっています。
「私ドリー、なんでも忘れちゃうの。」
「家族とはぐれたの、助けてください」
と、会う魚、会う魚に声をかけますが、何も覚えていないドリーを助けようがありません。

そのままドリーは成長していき、前作の映画のニモのお父さんとぶつかる場面へとつながります。

前作から一年後

ドリーは、ニモの家族のそばで暮らしています。

物忘れがひどいドリーをマーリンは、うまく対応し和やかに暮らしています。

ドリー 家.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ある日、ニモの学校は遠足へ出かける話をしています。
エイ先生が遠足の注意を説明します。

「激流があるから気をつけなさい」

それを、聞いたドリーは、小さい時の記憶がフラッシュバックします。

朦朧とする意識の中で
「カリフォルニア モロベイの宝石」
と言います。

ドリーは、親の事を少し思い出したようで、親を探しに行くのを手伝ってほしいと、マーリンとニモに頼みます。

ドリー 相談.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

慎重なマーリンは、カリフォルニアまで遠すぎて行けないと断ろうとしますが、子供を失いかけた親の気持ちは痛いほどわかります。
マーリンは手伝うことになります。

前作のウミガメに手伝てもらいカリフォルニアまで連れて行ってもらいます。

カメ.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

カリフォルニアに到着したドリーは、周りを見渡すと、見たことがあるような気がします。

ドリーが海の上に顔を出すと、人間にアミで救い上げられてしまします。

ドリー つかまる.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

連れて行かれた先は、海洋生物研究所という水族園と研究所がくっついたような場所で、その中の隔離棟でした。

隔離棟.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ここは、傷ついた、魚などを保護し、癒してから海に帰す事を主体としているようです。
ドリーは、ヒレにタグをつけられます。

そこへ、ハンクというタコが来て、ここが「カリフォルニアモロベイの宝石」と教えてくれます。
ドリーって海で生まれたのではなかったのですね。|゚д゚)

ハンク.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ハンクは、自在に周りの景色にカモフラージュできる性質を持っています。
海が嫌いらしく、隔離棟で暮らしたいようですが、タグがないと行けません。
そこで、ドリーの親を探すのを手伝うので、タグをもらう約束をします。

園内マップを見て、ドリーの記憶をたどりながら行くことになります。

途中、ディスティニーというジンベイザメと出会います。

ディスティニー.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ディスティニーは、ドリーの事を知っており、ドリーが子供のころ、パイプづたいに、おしゃべりしていた仲です。
ドリーのいた水槽はオープンオシャーンという事を教えてもらいます。

水槽.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

また、白イルカのベイリーと出会います。

イルカ ベイリー.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

この白イルカは、エコロケーション(音波)を使えないと思い込んでいるイルカのようです。

その頃、ニモとマーリンはアシカにドリーの連れて行かれた先を教えてもらい、行くための手段として、鳥のベッキーにバケツで連れて行ってもらいます。

アザラシ.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
ベッキー.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
ベッキー バケツ.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

途中で、ベッキーが落ちているエサを食べ始めるハプニングがあり、ニモとマーリンは売店の水槽に入ってしまします。

売店の水槽.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

いつも、難しく考え行動できないでいるマーリンですが、ニモに
「ドリーならどうするか考えてみようよ」
促され、大胆に行動し水槽から脱出することを決断します。

マーリンは、定期的に出る噴水を利用し、水族園の水槽に移動することを思いつき実行します。

水槽から飛び出すドリー.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
噴水2.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
噴水.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

場面が変わりオープンオーシャンについたドリーは約束通り、タグをハンクに渡し別れます。

小さい頃
「家がわからなくなったら、貝殻をたどりながら帰っておいで
と親に言われたのを思い出します。
貝殻のたどりながら家に着くと、そこには誰もいません

ドリーの昔の家.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

近くの魚が
「ナンヨウハギはみんな隔離所にいったわ」
「隔離所に行くには、このパイプを通ればいい」
と教えてくれます。
ドリーが子供の頃、流され迷子になる事になったパイプです。

思い切って飛び込みましたが、教えてもらった道順を忘れてしまった為、パイプ伝いにディスティニーに助けを求めます。
ディスティニーは白イルカのベイリーに、エコロケーションするように言い、ベイリーは出来ないと思い込んでいますが、頑張ってやってみます。

イルカ.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

やってみると、ドリーが水槽のどこにいるか映像のよう分かるようになり、道案内を始めます。

案内途中パイプに、ほかの魚がいる事に気づきドリーに逃げるように言いますが、遭遇してしまします。
映画「エイリアン」で船長がエイリアンに襲われるシーンのようです。(((( ;゚д゚)))ドキドキ

その魚は、ニモとマーリンでした。

一行は隔離棟へ行くと、クリーブランドという所へ、トラックで移送される寸前でした。

ナンヨウハギの水槽を見つけますが、親が見つかりません。
この時マーリンは、
「好きな2匹選べばいいのにな」
と適当な事を言います。
親が見つからないシリアスな展開の時に、マーリンのデリカシーのなさが個人的には、微妙にツボってしまいおもしろかったです。(^_^)

ナンヨウハギ達から、ドリーが流されてから、すぐに両親が探しに隔離棟に向かったが戻ってこなかったと知らされます。

隔離棟へ行き、戻ってこなかったという事は、つまり死んだという事だと考えます。
ドリーはショックを受け、色々な記憶がフラッシュバックし始めパニックになります。

その時、トラックの作業員に水槽が動かされハンク、ニモ、マーリンが水槽ごとトラックに積まれ出発してしまう。
ドリーは、排水溝から海へ流されてしまいます。

海に流れ出たドリーは、並んでいる貝殻を見つけ後をだどります。
その先には、家らしい所があり、そこから放射線状に貝殻が置かれています。

その時、貝殻を抱えたナンヨウハギ2匹が戻ってきます。
ドリーのお父さんと、お母さんです。
3匹は再会を喜びます。

ドリーが行方不明になった日、両親は隔離棟へ流されたと考え隔離棟へ行ったがいなかった。
海に出たと考え戻ってこれるように、海に行き貝殻を置き続けていたようです。

再会に喜ぶドリーですが、ニモがトラックで出発してしまった事を思い出します。
助けに行こうとするドリーですが、両親はまた行方不明になるのではと心配します。

ドリーはディスティニー、ベイリーの協力を求め、2匹とも水族館から海へ飛び出します。

水槽から飛び出すディスティニー.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ベイリーのエコロケーションを使い、トラックを見つけ、先回りしラッコに道をふさいでもらい、トラックを止めます。

ラッコ.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

トラックの荷台の扉を開け、ニモとマーリンを見つけベッキーに呼び運んでもらうことになります。

トラック ラッコ.jpg
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

バケツに、ニモとマーリンが乗ったところで、荷台の扉が閉められてしまい、ドリーを乗せたまま出発します。

ハンクはフロントガラスにくっつき前が見えなくし、運転手が降りたところで、ドリーとハンクが車を運転し崖から海へ車ごと飛び込みます。

無事にニモ、マーリンと再会します。

時がたち、ニモの故郷に、ドリーと両親、ディスティニー、ベイリー、ハンクがいます。
エイ先生は、エイの大移動でしばらく帰ってこないため、ハンクやベイリーが先生をしています。

ドリーは、
「散歩に行ってくる」
と言いマーリンは
「一人で行っておいで」
と言いますが心配で、隠れながらついていきます。

前作でニモが連れ去られた所まで来たドリー。
マーリンが、それ以上行ったら危ないとばかりに飛び出そうとしますが、マーリンが心配でついてきてくれていた事がわかっていたのか
「大丈夫よマーリン」
と言い、止まります。
マーリンは、危険だという事を覚えていたドリーに
「やったな」
と、やさしく声をかけます。
TV「はじめてのおつかい」の親の気持ちのようなシーンです。゚゚(´O`)°゚ ナケル

ドリーとマーリンがきれいな景色を一緒に見ている所でENDです。

ENDロール中は、ハンクが色々なところに隠れているので探すのが面白かったです。

また、ENDロール後に少しですが、前作で袋のまま脱走したギル達が出てくるので席を立たずに見てください
私が鑑賞した時には半分ぐらいの人が帰ってしまっていました。(ノ゚ρ゚)ノモッタイナイ


感想


今回の映画は、ドリーが自分の家族を探す旅に出るのを手伝うという内容でしたが、色々なキャラクターの成長が見える良い作品だと思います。

特にマーリンの成長ぶりは、考えさせられる事が多かったです。
ニモをまた危険な目に合わせるかもしれないという思いと、ドリーを探しているかもしれない親の気持ちが前作の自分と重なり葛藤するが、ドリーに協力するという選択する。
深く考え安全な事しかしない自分を、「ドリーだったらどうする?」と自分に問いかけ、大胆に行動してみる。
最後のシーンで、隠れながらついてい行くが、ドリーを一人で散歩に行かせてみる。

ニモも、色々な経験を積んで成長していますが、マーリンも子育てなどを通じて成長しているという事ですね。

ディスティニーが、飛んで海に出る。
ベイリーが使えないと思い込んでいたエコロケーションを使えるようになる。
ハンクは海が嫌いなのを克服し、先生をしている。
など色々あります。

ENDロール後のギルなど、あまり成長していなさそうなメンバーもいますが・・・( ̄▽ ̄)
これはこれで、和みます。(^_^)

それにしても、マーリンの「好きな2匹を選べばいいのにな」は、名言(迷言)ですね。(^◇^)

海洋生物研究所のアナウンスが八代亜紀さんで、アナウンスにも「八代亜紀でした。」と映画中、何回も言うのですが、少し違和感がありました。
なぜ、こんなに八代亜紀をアピールするのかわかりません。(;^-^)
しかし、本当にどこかの水族園でのアナウンスが、八代亜紀さんになると、楽しいかもしれませんね。(^_^)

公開後、1週間たってからの鑑賞でしたが、200人収容の映画館で9割がた入っていました。
上映も2スクリーンでやっていた事を考えると結構多いと思います。

コメント・シェアお気軽にどうぞ



ロボフィッシュ ファインディング  ドリー (ニモ)

ロボフィッシュ ファインディング ドリー (ニモ)

  • 出版社/メーカー: タカラトミーアーツ
  • メディア: おもちゃ&ホビー









nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」のストーリーとネタバレと感想 [映画]

ポスター.jpg
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2016 ピカチュウプロジェクト

今回は、「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」です。

私は、このゲームをしたことがないのですが、映画は子供の付き添いで、「アルセウス 超克の時空へ」など何作品か見ています。

作品が変わるたびに、サトシと一緒に旅をするメンバーが変わる事に驚きます。(゚Д゚)マタカワッテル

今回も、セレナ、シトロン、ユリーカと、私の知らないメンバー達。
ロケット団を見ると「まだやってんのか、こいつら」と思う反面、知っているメンバーに不思議と安心感がわきます。(^_^)

今回は、気合を入れて鑑賞していなかったため、簡単なストーリしか書けていません。途中、ウトウトしてしまいました。(x_x;)ゴメンナサイ

それでは、ネタバレを含むストーリーです。


ポストに声を投げ入れて(期間生産限定アニメ盤) ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」【劇場限定】ポケモン大集合ポスター (劇場チラシ付き)





ストーリー


ジャービスにより、マギアナが捕えられ、取り戻そうと、ボルケニオンが追いかけてきますが、返り討ちにあいます。

ジャービス.jpg
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2016 ピカチュウプロジェクト
マギアナ.jpg
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2016 ピカチュウプロジェクト
ボルケニオン.jpg
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2016 ピカチュウプロジェクト

サトシがポケモンバトルをしているところに、ボルケニオンが墜落し、その拍子にボルケニオンとサトシは何かの装置により離れる事が出来なくなります。

装置.jpg
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2016 ピカチュウプロジェクト
装置2.jpg
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2016 ピカチュウプロジェクト

ボルケニオンは、マギアナを救うため1人で行動したいようですが、装置により、離れなくなってしまった為に、渋々サトシと行動を共にします。

ボルケニオンは、人間嫌いで、昔の頑固おやじのような性格で、体に貯めた水を水蒸気にし山を一つ吹っ飛ばす事もできる能力の持ち主です。

そんなボルケニオンですが、人間たちに捨てられた、ポケモンたちを守るためネーベル高原を守っている優しい心の持ち主です。

マギアナは、アゾット王国という国に捕らえられています。

アゾット王国.jpg
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2016 ピカチュウプロジェクト

アゾット王国は、500年前にエリファスという発明家により、神秘科学を使い発展した国です。
神秘科学とは、ポケモンの力と機械を融合させた物のようです。
マギアナも神秘科学により生み出されたポケモンのようです。

エリファス.jpg
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2016 ピカチュウプロジェクト

この国のラケル王子は、神秘科学が好きで、神秘科学の使い手であるジャービスを信頼しきっています。

ラケル.jpg
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2016 ピカチュウプロジェクト

マギアナを捕らえたのは、表向きは、国の繁栄のためですが、本当は、マギアナのソウルハートを使い、この国を手に入れることがジャービスの目的でした。

500年前エリファスは、この国を守るために、城の防壁が分離し、空中要塞になるように作ります。
しかし、その力を手に入れるため、争いを生む結果となりました。

エリファスは、その力を使えないよう、マギアナのソールハートに封印しマギアナを人目につかないようにネーベル高原へ姿を隠させます。

この事を知ったジャービスが、マギアナを狙っているわけです。

ジャービスにより、マギアナのソウルハートが抜き取られ、防壁の装置に取り付けられます。

とられるソウルハート.jpg
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2016 ピカチュウプロジェクト

防壁が浮遊しだし、要塞になります。

空中要塞.jpg
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2016 ピカチュウプロジェクト

ジャービスは攻撃を開始しようとしますが、装置がいうことを聞きません。
ソウルハートにあるマギアナの心が止めているようです。
ニャースは「マギアナの心が苦しんでいる」と感じとります。

泣く ニャース.jpg
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2016 ピカチュウプロジェクト

マギアナが止めていると分かったジャービスは、
「大切なものを失うと誰でも心が壊れる」
と言い、ネーベル高原を攻撃しようとします。

マギアナの必至の抵抗により、攻撃はそれましたが、マギアナの心は壊れてしまいます。

これで邪魔な心がなくなったと、ジャービスはネーベル高原へ、さらなる攻撃を開始しようとします。

高原にいるポケモンたちが力を合わせ攻撃をはじきます。

形勢が悪くなったと悟ったジャービスは、あきらめて要塞から脱出します。
ジャービス脱出後、要塞はネーベル高原へ落ちるようにセットされており、止めることができません。

サトシ一行は墜落する要塞から脱出し、外からボルケニオンの力で要塞を破壊しようと考えます。

しかし、サトシ一行が脱出したのを見届けたボルケニオンは、一人要塞の中枢に戻り、内部から破壊します。
映画「アルマゲドン」で、最後に残るハリーのようです。
そういえば、ハリーも頑固おやじでしたね。(^_^)

ボルケニオンの活躍で、要塞はネーベル高原に落ちることなく破壊されました。

死んでしまったと思われたボルケニオンは、フラフラになりながら戻ってき、マギアナの前に来たところで、倒れこみます。

マギアナは心が戻っていないため、感情がありません。
しかし、突然マギアナは、ボルケニオンの鼻のあたりに手をだし花束に変化させます。

花の花粉を吸いこんだボルケニオンは大きなクシャミをし、気を取り戻します。
マギアナとボルケニオンが初めて出会った時のような光景です。

マギアナ ボルケニオン 出会い.jpg
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2016 ピカチュウプロジェクト

それにしても、ボルケニオンって花粉症なんですかね。(^_^)

このことにより、マギアナは心を取り戻したようです。

頑固で人間嫌いのボルケニオンがサトシに向かって
「お前たちをネーベル高原、名誉ポケモンにしてやる」
ツンデレ気味に言ったところでENDです。

来年の予告がありましたが、20作品目になるということで超大作になるようです。


感想


最後のほうで出てくる緑色の物質が合体し、何か強力なポケモンになったようですが、ポケモンの事をよく知らない私は、よくわかりませんでした。
子供に聞くとプニちゃんと言っていましたが、それも???です。(・_・、)イッタイ ナンノコト・・

話は、いつもの王道パターンだなという感じです。
うちの子供は、プニちゃんがかわいかったとか、ボルケニオンがかっこよかったとか言っていましたので、ポケモンに思いれがあれば、見方が変わって面白いと思います。

最後のYUKIさんの歌は、よかったです。

頑固おやじのボルケニオンが最後にツンデレ気味になるところは、かわいらしくてよかったです。(^_^)

ポケットモンスター モンスターコレクション HP_23 ボルケニオン






公開日初日、200人収容の映画館で約3分の2ぐらいのお客さんの入りでした。
たまたまかもしれませんが、今まで鑑賞したポケモンの作品の中では少ないような気がします。

コメント・シェアお気軽にどうぞ


ポストに声を投げ入れて(初回生産限定盤)(DVD付)

ポストに声を投げ入れて(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ERJ
  • 発売日: 2016/07/13
  • メディア: CD



ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧のマギアナ」ミュージックコレクション

ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧のマギアナ」ミュージックコレクション

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックダイレクト
  • 発売日: 2016/07/27
  • メディア: CD



nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます