So-net無料ブログ作成

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃 ストーリー と ネタバレ [映画]

ポスター2.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016
タイトル.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃 (アクションコミックス) 映画 クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃 [Blu-ray] 友よ ~ この先もずっと・・・







今回は「クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」です。

ドラえもんと同じで、この時期になると、子供にせがまれて見に行くことは、恒例行事になっています。

クレヨンしんちゃんの映画は、まれに、ちょっとした感動があったりするので、あなどれません。
下品な所は多いですが・・・・・。

今回も、親の子供に対する愛情、子供の受け取り方。など考えさせられる所が少しあります。
私の中では、戦国大合戦に次ぐ、出来の良さだったと思います。

小さいお子さんにとっては、ちょっと怖いかなと思うシーンが少しありましたが、全体的には、肩の力を抜いて楽しめる作品ではないかと思います。

それでは、ネタバレを含むストーリー感想です。

ストーリー


夜、野原一家が、それぞれ夢を見ているシーンから始まります。

お父さんは、CEOマンというヒーロー。
お母さんは、ホストとラブラブ。
しんちゃんは、ななこおねえさんの膝枕で耳かき。
ひまちゃんは、ミルクをいっぱい飲む。

夢 ななこおねえさん.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

楽しそうな夢を見ていますが突如、夢の中に魚の化け物のようなものが現れ、夢ごと食べてしまします。

魚の化け物.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

朝、家族全員が、魚に食べられる夢を見た事に、不思議がっています。

隣町では、悪夢シンドロームという悪夢ばかり見る事件があったようですが、おさまったとのことです。

幼稚園に行くと、いつものメンバー達も魚の夢を見たらしく、町中の人も見たようです。

そんな中、サキちゃんという、転園生が幼稚園にやってきます。
このサキちゃん、かわいいいですが、かなり無愛想です。

サキ.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

園児達は、かわいいいサキちゃんに夢中ですが、サキちゃんは
「おバカは嫌い」
と打ち解けようとしません。

夜、町中の人の夢が、魚の化け物の中に集まり、同じ夢を見ています。

ユメミーワールド みんな.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

この中では、その人の夢が叶うようです。

マサオくんは、売れっ子マンガ家。

夢 マサオ君.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

風間くんは、政治家。

ネネちゃんは、アイドル。

夢 ネネ.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

ボーちゃんは、石!?・・・。

しんちゃんは、ななこおねえさんと耳かき。
夢 ななこおねえさん.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

みさえとひろしは、夢の中で現実的な内容の口げんかをします。
2人は、魚から追い出され、悪夢の世界に放り出されます。

どうやら、夢の少ない大人達は全員、魚から追い出され、悪夢の世界で悪夢を見るようです。

悪夢.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

サキちゃんのお父さんは、魚の中で、
「大人のユメ玉は小さすぎる」
「この町は子供が多い。ユメルギー(ユメエネルギー?)があつまれば大丈夫だ」
とサキちゃんに言っています。

ユメミーワールド サキ.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

朝、起きると、ひろしとみさえは悪夢にうなされ、あまり寝れなかったようです。

寝れない親.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

サキちゃんは起きると頭から何かの装置のようなヘルメットをはずし、ベット脇のお母さんの写真に、おはようとあいさつをします。
どうやら、お母さんは、なくなっているようです。

ヘルメット.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

お父さんが、サキちゃんの朝食を用意していますが、パンは少しコゲ、目玉焼きも少しコゲており、不器用な父親像が見て取れます。

おいしいいか聞く父に、「おいしいいよ」とあまり感情なく返します。
親子関係が、うまくできていない様子です。

無愛想なサキちゃんは、やすおくん(チーター)にからまれ、ポケットに入れていた、ふるぼけたぬいぐるみをからかわれますが、しんちゃんに、助けてもらった感じになります。

助けてもらったサキちゃんは黙って、人けのない場所に行きます。

ネネちゃんは
「ごめんなさいだけじゃなく、ありがとうもいえないの?」
と怒ったように言いますが、サキちゃんは、
「あんな、おバカに助けられるなんて屈辱」
と返し、
「そこまでいくと嫌いじゃない」
と、ネネちゃんは笑いながら言いますが
「どうせすぐ嫌いになるよ」
と、サキちゃんは返します。
サキちゃんの心の闇が垣間見えます。

夜、大人たちは悪夢を見ていますが、子供たちは楽しそうな夢を見ています。

しかし、売れっ子マンガ家になったマサオくんの夢は大きくなり、それを何かが、吸い取り始めています。

吸われ始める.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

完全に吸い取られた、マサオくんは悪夢の世界へ放り出されます。

放り出される マサオ.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

サキちゃんのお父さんは、
「悪夢の力が強くなっきて、ユメルギーの消費量が多くなっている」
と言い、不安そうなサキちゃんに
「パパが守る」
と言います。
サキちゃんに、悪夢を見せないようにする為、みんなのユメルギーを使っているようです。

次の日、風間くんは、大きくなったユメから吸い取られていると話し、春日部の危機を救うため、かすかべ防衛隊を出番と言い出します。

ユメを吸い取られ悪夢を見せられたマサオくんの代わりに、サキちゃんを仲間に入れようという事になります。

サキちゃんの家にみんなで行き、塀の隙間から庭に入ると、古びた機械や木があり、そこを秘密基地にし、サキちゃんも仲間に入れます。

秘密基地.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

いつもの掛け声「かすかべ防衛隊ファイヤー」をしますが、サキちゃんは、うわべだけでやっているようです。

ファイヤー.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

みんなが帰った後、サキちゃんはお父さんに
「誰も入れるな、またつらい思いをするだけ」
「ユメミーワールドの秘密を誰にも知られるな」
と言われます。
お父さんの、すこし歪んだ考え方が見えます。

次の日、サキちゃんの、ぬいぐるみがバクという、悪夢を食べる空想の動物だという事がわかります。
サキちゃんが、もっと小さいころ、夢でうなされたとき、お母さんからもらったものでした。

サキちゃんのお母さんは家で、何かの危険な研究をしていたようで、研究室にサキちゃんが入ってくるとすごく怒ります。
しかし、そのあと、やさしくフォローもします。

夜、かすかべ防衛隊一同は、夢の中でサキちゃんを見つけます。

ユメミーワールド サキ.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

そこで、この悪夢などの事件は、サキちゃんと父親の仕業という事がわかり、風間くんと、ネネちゃん、ボーちゃんは悪夢の世界に放り出されます。

次の日、秘密基地に一人いるサキちゃん。
しんちゃんだけが来ます。

サキちゃんは、しんちゃんにユメミーワールドの秘密を明かし、
「もうここから出ていくから、みんな前と同じ夢を見れるようになるからいいでしょ」
と突き放すように言いますが、
しんちゃんは、
「よくない。サキちゃんがまた一人ぼっちになってしまうから、お助けする」
といい、サキちゃんは、やさしさに動揺し
「おバカな事いわないで」
と言い、泣き始めます。

しんちゃんの家で夕食を食べるサキちゃん。
サキちゃんの夢の中にいる、バクを見つけて悪夢を食べてもらうという作戦を考え付きます。

迎えに来た、サキちゃんのお父さんにひろしは詰め寄りますが、
「この子を救えるのは私だけだ。二度とサキに近づくな。」
と言い返されます。

どうにか魚の中に入る方法を考える、みさえですが、子供なら入れるのではと思いつき、ひろしとみさえは着替えます。

ひろしは、男の子がするヒーローのような格好で、ひろし仮面
みさえは、幼稚園児の格好で、みさぴょん

大人が着れる幼稚園児の服を持っている、この夫婦・・・。( ̄ω ̄;)
深く考えると怖くなります。
しんちゃんと、ひまちゃんもドン引きです。

みさえ 幼稚園.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

その日の夜、夢の中でしんちゃんと、ひまちゃんはサキちゃんの所へ行きますが、ひまちゃんは、悪夢の世界に放り出されます。

しんちゃんは、サキちゃんに
「さぁ行こう」
と言い、サキちゃんは
「うん」
と返し、一緒に悪夢の世界へ飛び込みます。

しんちゃんとサキ いっしょに.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

サキちゃんは
「ありがとう来てくれて」
と言います。
無愛想だったサキちゃんが、お父さんの意志でなく、自分の意志で行動し、素直になっていくシーンです。

サキちゃんのお父さんは、魚で追ってきますが、ひろしとみさえが魚の中に入ります。
やはり子供のような行動をとれば、ユメミーワールドに居ることができるようで、魚を操縦しているサキちゃんのお父さんを邪魔します。

サキちゃんのお父さんは、
「たとえ世界中が不幸になろうとも、自分の娘を守る」
と言い、サキちゃんを取り戻そうとします。
やはり、お父さんの愛情は少し歪んでいます。

しんちゃん達は、風間くん、ネネちゃん、マサオくんを見つけ、一緒にバクさがしに出ます。

みんなでさがす.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

バクにかけて大和田獏がでてくるなど、無駄なシーンがありましたが、大きな化け物が現れ、それは女性のゾンビのようです。

その化け物が、魚に襲い掛かりサキのお父さんは、
「やめろー!さゆりー!」
と叫びますが、ユメミーワールドは破壊されてしまいます。
悪夢の正体は、サキちゃんのお母さんでした。

サキ お母さん.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

現実世界でも、装置が壊れてしまい、サキちゃんの髪の色が少し変わってしまいます。
サキちゃんは、さらに装置を壊し始めます。

集まってきたしんちゃん達に、サキちゃんのお父さんは
「お前たちのせいで!」
と怒りますが、サキちゃんは
「寝ても起きても、いつも一人ぼっちだった」
「私の夢は、友達を作る事」
「もうサキを一人にしないで」
と本当に思っている事を言い、サキちゃんは気を失ってしまします。

悪夢に、取り込まれかけているようで、今ヘタに起こすと心がちぎれてしまうようです。

しんちゃん達は、サキちゃんの夢の中に入り、サキちゃんを助けようという事になりました。
ユメミーワールドが壊れてしまったので、秘密基地で、お昼寝し、夢の中へ入ります。

みんなで寝る.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

サキちゃんの先ほどの言葉を聞いた、サキちゃんのお父さんは、
「サキの現実も、悪夢に変えてしまっていたのか」
と反省します。
歪んだ愛情を反省したようです。

サキちゃんのお父さんは、お母さんが悪夢の正体である理由を語り始めます。

お父さんと、お母さんは一緒に研究していたが、実験が暴走し始め、爆発しそうになる。
隔壁を閉鎖しようとしたところ、サキちゃんが来てしまう。
逃がす間がなく、お母さんがサキちゃんを爆風から身を挺して守り死んでしまう
その事で、お母さんがサキを恨んでいると、サキちゃんは思い込んでいると。

夢の中で、女の化け物は、再び襲い掛かってきます。

サキ 悪夢.jpg
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2016

この女の化け物、子供にとってはトラウマものではないかと思います。
私の子供が、夜うなされない事を祈ります。(^_^)

しんちゃんが、バクに変身したり、ボーちゃんが隕石に変身したりして、みんなで女の化け物を倒します。

倒したかのように見えましたが、小さい時のサキちゃんが現れ、
「あんたが、おバカな事をしたから、ママは死んだのよ」
「あんたは、ずっと苦しまなければいけないの」
「ママは、あんたを恨んでいるから」
と言い始めます。

悪夢を操っていたのは、サキちゃん自身の自責の念のようです。
「おバカは嫌い」というシーンが何度かありましたが、このことがそうさせていたのですね。

みさえもサキちゃんに、伝えたいことがあると、夢の中に入ります。
「子供のピンチに、かけつけない親はいない」
「親にとって子供は自分以上なの」
と言っているうちに、みさえの姿がサキちゃんのママにかわります。

ママ 「あなたを憎むわけない。」

サキ 「ごめんなさい、私がおバカのせいで、ママ帰ってきて」

ママ 「おバカなのは私。サキに、こんな悲しい顔をさせるなんて」

ママ 「あなたの笑顔が大好き。だから笑って」

ママ 「あなたは私の夢よ」

と言い消えていきます。

ママが自分を憎んでいない事が分かったので、悪夢も消えていきます

小さい時のサキちゃんは
「わたしも消えちゃうの?」
と言いますが、サキちゃんは
「私の中に一緒に居ていいよ」
と答え、一緒になります。

最後の、かすかべ防衛隊ファイヤー掛け声は、サキちゃんがします。
自責の念が消え、普通の子供になったっていう事ですね。

時がたち、サキちゃんから手紙がみんなの所へ届きます。
サキちゃんは、引っ越し先で、友達とうまくやっているようで、お父さんは、夢に困っている人を、助ける仕事を大学でしているようです。
手紙の締めくくりは
「また、いつか夢であえたらいいね」
でENDです。

でめたし。でめたし。(^_^)

感想


今回は、親子の愛情のあり方に、考えさせられました。

サキちゃんのお父さんは、娘を思うあまり、すこし歪んだ守り方をしてしまします。
悪夢から守ることにとらわれすぎ、サキちゃんは本当はどうしてほしいのか聞くことができません。

サキちゃんも、自責の念にかられ、お父さんにまで、悲しい思いをさせたくないと、歪んだ守り方を受け入れてしまいます。
本心を隠してしまったので、お父さんに、どうしてほしいのか伝える事ができません。

不器用なお父さんを見ていると、私も子供の声をちゃんと聞いているだろうかと、思うところがあります。

私の子供も、気を使って言えてない事もあるのではと、考えてしまいます。
いや、あの生意気な子供が、そんな気を使っているとは思えませんが( ̄  ̄*)

全体的にみると、なかなか面白い作品だったと思います。


それにしても、みさえが持っていた、
大人用の幼稚園の服
何の為に持っていたのか、想像しては、いけない気がしますね。(^_^)

公開初日でしたので映画館は、9割ぐらいのお客さんで埋まっていました。

映画 クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃 [DVD]

映画 クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます