So-net無料ブログ作成

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生 ストーリー と ネタバレ と 感想 [映画]

ポスター.jpg
(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」です。

結論から言って、大惨事でした。

最初から最後まで、いまいちストーリーが分からず頭の中は終始????でした。

なぜ、スーパーマンはバットマンを嫌うのか?
なぜ、バットマンはスーパーマンを嫌うのか?
突然出てくる女戦士! あんた誰!?

女戦士.jpg
(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

上記以外にも疑問点は多く、こんな状態での上映時間2時間30分は本当にきついものでした。
上映途中で、腕時計を見ると、まだ1時間30分もあると気づいたとき、倒れそうになりました。

帰宅後、google先生で調べてみました。

この映画が「マン・オブ・スティール」続編だと知りました。

  続編!?!?

  はぁ?? 

  題名が違うじゃん! 

  「○○○2」とかじゃねーと、わかんねーよ! 

  「エイリアンvsプレデター」みたいなもんと思ってたのに! 

  バットマンとスーパーマンが対決するだけじゃねーの?  

  そもそも「マン・オブ・スティール」って何? 

  そういえばこの題名?! 
  
  この前、金曜ロードーショーでやってたやつか! 

録画予約していたのを思い出し、すぐに鑑賞

  町が破壊されるシーン・・・・・OK
  ケントとレインの関係・・・・・OK
  ゾッド将軍・・・・・・・・・・OK
  町にある宇宙船・・・・・・・・OK
  干からびたスーパーマンが復活・OK
  突然の女戦士・・・・・・・・・やっぱり誰?!
  
ある程度の補完はできましたが、
多くの疑問は未解決のままです。

この映画を見る前に、「マン・オブ・スティール」を見ることは必須です。

劇中ほとんど理解できなかったので、詳細なストーリーは書けませんでした。
ごめんなさい。


今回は話の流れだけです。(ネタバレを含みます)

ストーリー


スーパーマンのおかげで地球は救えたものの、負傷した人が大勢いる。

町破壊.jpg
(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

その後もスーパーマンはあちこちで助けるが、それに伴う被害も多い

議会では、スーパーマンの功績は認めるものの、被害の責任を問おうとする。

議会.jpg
(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

バットマンであるウェインは、ゾッド将軍とスーパーマンの戦いでの、被害を目の当たりにし、スーパーマンのやり方に不満の様子。

ウェイン.jpg
(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

レックスコープという企業のレックスは、裏で暗躍し、スーパーマンを悪役に仕立てようとしている。

レックス.jpg
(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

レックスは、クリプトン人を倒せるクリプトナイト鉱石を発見し、それを取引材料に、前作の宇宙船へのアクセスゾッド将軍の死体を手に入れる。

ウェインは、レックスのクリプトナイトを盗み出し、槍を作る。

スーパーマンとバットマンの対決がはじまり、クリプトナイトの槍などを使いバットマン優勢になる。

対決.jpg
(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

追い詰められた、スーパーマン、自分のお母さんの名前を言う
攻撃をやめるバットマン。
理由は、バットマンのお母さんの名前が一緒だから。????

対決後なぜか、レインはクリプトナイトの槍を池のような所に沈める

レックスは宇宙船で、ゾッド将軍に自分の血を組み合わせ強力な怪物をつくる。

怪物.jpg
(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

スーパーマンは怪物を宇宙に放りだそうと、宇宙空間まで連れて行く。

なぜか、アメリカが核ミサイルを2人に向けて打ち込み命中。
なぜか、怪物だけ地球に戻り大暴れ。
なぜか、怪物は、より強力になる。
なぜか、宇宙空間で、スーパーマン、干からびる。

怪物相手に、バットマン1人でがんばるがヤバイ

突然、露出度の高い、女戦士 登場。

女戦士.jpg
(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

スーパーマン、太陽光にあたり復活
3人がかりでもヤバイ

クリプトナイトの槍でないと倒せない事が判明

レイン、池にもぐり取りに行くが、息が続かない

池の中.jpg
(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

代わりに、スーパーマンが取りに行くがフラフラになる。

フラフラのスーパーマン、怪物に槍を刺すが、自分の胸も貫かれて死亡。

バットマンと女戦士がいい感じになる。
スーパーマン埋葬されるが、棺が微妙に振動した所でEND。

よろしければ続編→「スーサイド・スクワッド」もご覧ください。

感想


バットマンとスーパーマンが戦うシーンは少なかったように思います。

スーパーマンとバットマンは、なぜ対立するのか、動機が弱いような気がします。

疑問点は多いです。

なぜ、レックスはスーパーマンを悪役にしたいのか。
なぜ、レックスはクリプトナイトが弱点になることを知っているのか。
なぜ、ゾッド将軍と自分の血を組み合わせたら怪物ができると知っているのか。
なぜ、レインはクリプトナイトの槍を池に放り込んだのか。
なぜ、殺しあうほどの対決中、お母さんの名前が同じというだけで、対決をやめるのか。

軽く考えるだけでも、いくつも出てきます。

あの怪物の動きは、映画「キングコング」のようで、迫力はあまりなかったかなと思います。

あれだけ、都市が破壊されている状況を考えると、ニューヨークは完全に壊滅していると思われます。
確かに、スーパーマンの責任を追及したくなりますね。

それにしても、女戦士は何なのか。
google先生に教えてもらいました。
なるほど、ワンダーウーマンですか。
必要でしょうか?

ストーリーは、よくわかりませんでしたが、映像はよくできていると思います。
爆発シーンが多すぎて、目が痛くなりましたが・・。

後から気づいて鑑賞した、「マン・オブ・スティール」は面白かったです。

そういえば、入場時クリアファイルを頂きました。

ファイル表.jpg

よく見るとワンダーウーマンって、おもいっきり書いてありました。(^_^)

ちなみに裏はこんな感じです。

ファイル裏.jpg

いったいなに!!
もういいです。( ̄ω ̄;)

公開3日目でしたが、200人収容の映画館で30人ぐらいでした。
少ない気がしますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

KEND

「バットマンvsスーパーマン」は、マーベルでいう「アベンジャーズ」シリーズと同じように、異なるタイトルのヒーロー映画が同一の世界観に存在し、クロスオーバーするように作られています。
DC版のシリーズは今回が「マン・オブ・スティール」から数えて2作目となり、今後そのクリアファイルの裏にある「スーサイド・スクワッド」に続くわけです。

これは今回登場したバットマンに逮捕されたヴィラン(悪人)が活躍する話で、当然ながら今回の映画とストーリーは連続します。

つまり、一連のシリーズ、巨編として楽しむ物であり、よくある「vs」ものみたいに「コラボ」や「お祭り企画」とか言う訳では無い感じです。
以上が恐らく敷居が高い理由かと思います。
by KEND (2016-04-09 08:30) 

うめきち

コメントありがとうございます。

なるほど、一連の大きな作品としての一部という位置づけでしたか。
色々、教えていただき、ありがとうございました。

マン・オブ・スティールから見ていれば、確かに楽しめたと思います。

スーサイド・スクワッドも、公開されたら見てみようかと思えてきました。(´▽`)



by うめきち (2016-04-13 09:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます